現在地

【お知らせ】国内初導入!当社検証施設「Oracle Engineered Systems Lab」にOracle Exadataの最新版「Oracle Exadata X7」を導入しました

お知らせ - 2018.01.17

Oracle Exadata最新版「Oracle Exadata X7」国内初導入

Oracle Exadataとは

Oracle Exadataは、Oracle Databaseの価値を最大限に引き出すためのプラットフォームとして最適化されたエンジニアド・システムです。ハードウェアとソフトウェアのテクノロジーを融合した包括的な環境により、高パフォーマンス、高可用性、柔軟な拡張性を実現し、OLTP*1、アナリティクス、データベース統合といったあらゆるデータベース処理に最適なプラットフォームを提供します。今回導入した「Oracle Exadata X7」は、パフォーマンス、ストレージ容量、ネットワーク帯域幅が従来のExadataと比較して向上しており、ビジネス・クリティカルかつ大規模なデータベース処理のパフォーマンスを高めるとともに、各種自動化の機能面でハードウェアとソフトウェアが強化されたことで、コスト削減かつ信頼性の向上を実現しています。

NTTデータ先端技術の取り組み

NTTデータ先端技術では、この「Oracle Exadata」をはじめとした最新の製品ラインナップを導入した、Oracle Engineered Systems Labを当社内に開設しています。同施設では「Oracle Exadata」に加えて、「Oracle Exalogic Elastic Cloud」、「Oracle Exalytics In-Memory Machine」などの代表的な製品のほか、「Oracle Big Data Appliance」、「Zero Data Loss Recovery Appliance」といった、日本でも検証環境が少ない製品も積極的に取り揃えサービスを提供しています。
また、製品の導入前に実機にてパフォーマンス検証を実施し導入効果を可視化するPoC*2をはじめ、お客さまと同じ環境を完備しての製品サポート、クラウドコンピューティング、ビッグデータに対応した新規ソリューション開発などを提供し、お客さまから依頼いただいた数多くのPoCや導入実績によりノウハウを蓄積してまいりました。

このたびのOracle Exadata X7導入により、当社では、お客さまのニーズに応じた導入前の効果測定、および構築・保守フェーズにおける性能比較や再現試験などを行うことで、導入にあたっての投資対効果や既存システムにおける性能課題を可視化し、それらを踏まえた最適なご提案が可能となり、お客さまのITシステム基盤の選定および課題解決に向けた取り組みを支援します。

関連情報

NTTデータ先端技術では、Oracleソリューションの確かな技術力と豊富なノウハウを備えたスタッフが、導入前の実機検証(PoC)から、導入支援、導入後の製品保守にいたるまで、お客さまのシステムのライフサイクルに沿った柔軟なサービスをご提案します。

  • *1 OLTP:OnLine Transaction Processingの略。コンピューター利用の情報処理形態の一つで、大量のデータを高速でオンライン処理をする。
  • *2 PoC:Proof of Conceptの略。導入前の実機検証。
  • *OracleとJavaは、Oracle Corporationおよび、その子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • *その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

営業推進部 営業推進担当 広報グループ
大西
Tel:03-5843-6860

製品・サービスに関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

オラクル事業部
田村
Tel:03-5843-6897
E-mail:oracle-info@intellilink.co.jp