現在地

データ量が急増しているお客さまへの解決策!Lenovo Storage DX8200C(Cloudian HyperStore)

オブジェクトストレージには、画像や映像などのメディア、アクティブアーカイブ、オフィスで作成/共有される各種ファイル、IoTによるセンサデータやログなどの非構造化データを格納する目的に適しています。

概要

Amazon AWS S3完全準拠のオブジェクトストレージソフトウェア「Cloudian」とコモディティ化されたx86プラットフォームを組み合わせたオンプレミス型のオブジェクトストレージです。
リッチメディアに対する人気の高まり、モバイルデバイスの急増、コンテンツのデジタル化に伴い、ITが扱う「非構造化データ」の量は指数的に増加しています。この成長速度は緩まることはなく、むしろ加速しています。物理的なハードウェア間にコンテンツを複製することにより、ハードウェアやサイト障害の際に、サービスの継続的な提供を自動的かつシームレスに行えます。Cloudian HyperStoreソフトウェアは、ITやエンドユーザー自身がプロビジョニングを行えることで、ストレージのプロビジョニングをシンプルにします。そして、IT部門は、Cloudian HyperStoreを使えば、アプリケーションやエンドユーザーからの要求に応じて、簡単に拡張や縮退できる非常に弾力的なストレージ基盤が構築できます。もはや高価な専用ハードウェアの購入、LUN、ボリューム管理、時間を浪費するデータ移行、バックアップなどに煩わされる必要はありません。Cloudian HyperStoreは、IT投資と非構造化データを管理するコストを飛躍的に削減できます。

当社は、レノボ・ジャパン株式会社のサーバー、ストレージを使った、大規模システムや重要システム等の設計、構築を長年行っており、その技術力/ノウハウでLenovo Storage DX8200Cの設計/構築を提供いたします。

Lenovo Storage DX8200C(Cloudian HyperStore)

Lenovo Storage DX8200C(Cloudian HyperStore)

特長

「Lenovo Storage DX8200C」はクラウディアンが開発したSDS製品、「Coudian HyperStore」をレノボのサーバーに搭載したスケールアウト型オブジェクトストレージです。Amazon S3 完全準拠のAPIが導入され、最小3台からスタートし、数ペタバイト超級までスケールアウトすることが可能です。また、複数データセンターにデータを分散配備、Amazon S3などクラウドサービスへデータ自動階層化にも対応しています。

  • ストレージ経費の劇的な削減
  • 短期間に導入可能

    - 物理アプライアンスとして、Cloudian HyperStoreまでインストールされた状態で出荷

  • ワンストップのサポート

    - 物理アプライアンスなので、ハードウェアとソフトウェアをワンストップ調達
    - ハードウェアとソフトウェアのサポート窓口の一本化

  • Amazon S3 API完全準拠

    - S3用に開発された、さまざまなアプリケーションが活用可能
    - Amazon S3 API に準拠しているため、現在、Amazon S3 を利用している Webサービス、アプリケーション、ツール、アプライアンスを活用することができます。

  • 高可用性/高信頼性

    - データの広域分散(マルチデータセンター機能)によるノード間自動レプリケーションによって高可用性/高信頼性を実現

主な機能

「Lenovo Storage DX8200C」は、クラウディアンが開発したSoftwareDefined Infrastructure製品「Cloudian HyperStore」をレノボのサーバーに搭載したスケールアウト型オブジェクトストレージです。クラウドストレージサービス「Amazon S3」のインターフェースと完全互換のプロトコルを利用し、数テラバイトのデータからペタバイト級のビッグデータをスケールアウトにより格納できます。
また遠隔地に保管されている重要なデータのバックアップや拠点間のディザスタリカバリーも構築可能となります。
また、データの暗号化により、セキュリティも担保することが可能となります。

  1. Amazon S3プロトコルを完全サポート
  2. 同一サイト内、サイト間における、筐体間のデータ複製機能
  3. 数百台のノードにスケールアウト可能
  4. データの暗号化が可能
  5. AWS S3及びGlacierと連携可能
  6. ユーザー・グループ管理機能、課金・統計・レポート機能

ユースケース

「ファイルサーバー」ソリューション(FOBAS CSC)

お客さまのプロファイル

  • CIFSファイルサーバーを利用中
  • 高速なSSDやFCディスク搭載ストレージを使用
  • AD認証連携必須
  • 複数拠点、遠隔拠点からもアクセス (※オプション構成)

導入契機

  • ファイルサーバーの空き容量が枯渇している
  • 現行ファイルサーバーの更改時期が間近
  • ストレージの保守維持費を削減したい

推奨ソリューションの概要

  • CLOUDIAN HyperStoreアプライアンスとFOBASクラウドストレージキャッシュ(CSC)の連携ソリューション
  • FOBAS CSCが、CIFSプロトコルをS3 APIに変換
  • Active Directory認証連携を設定可能
  • FOBAS CSCにて、データキャッシュ、データ圧縮、重複排除、ウイルススキャン、ジャストインタイムスナップショットなどの多彩な機能を提供(データキャッシュにより、アクセス性能が大幅に向上)
  • 容量制限に煩わされないストレージシステムを運用
  • データ複製・分散配置による高信頼性と堅牢性

参考構成

「ファイルサーバー」ソリューション(FOBAS CSC) 参考構成

「アーカイブ」ソリューション(ARI ZiDOMA data)

お客さまのプロファイル

  • SAN/NASストレージを利用中
  • 高速なSSDやFCディスク搭載ストレージを使用
  • ユーザーのストレージ使用感を維持
  • 現行ストレージの更改時期はまだ先
  • 7~8割は長期間アクセスの無い非活性データ

導入契機

  • SAN/NASストレージの空き容量が枯渇している
  • 高速な現行ストレージを有効活用するため、空き容量を確保したい
  • アーカイブ対象のストレージが複数存在する
  • 格納されているデータの現状把握をしたい

推奨ソリューションの概要

  • CLOUDIAN HyperStoreアプライアンスとARI ZiDOMA dataの連携ソリューション
  • データ種別やアクセス頻度等に応じたアーカイブポリシーを設定、スケジュール実行
  • 移行タスクの種類は「移動」、「コピー」および「リンク作成」を選択可能
  • 移行元からオブジェクト形式でデータを移行
  • 移行元ストレージに格納されているデータの現状把握のためのレポート機能
  • 容量制限に煩わされないストレージシステムを運用
  • データ複製・分散配置による高信頼性と堅牢性

参考構成

「アーカイブ」ソリューション(ARI ZiDOMA data) 参考構成

ビッグデータ分析/機械学習/深層学習のソリューション

お客さまのプロファイル

  • R&D部門などが実験研究データを大量保管
  • マーケティング部門等がビッグデータ分析を実施
  • 開発部門がディープラーニングを使い開発

導入契機

  • サイロ化、乱立するストレージ装置を統合したい
  • 共通統合インフラを導入し、部門別管理したい
  • ストレージ装置調達・設定の手間を省きたい
  • クラウドストレージのようにAPIで操作したい

推奨ソリューションの概要

  • CLOUDIAN HyperStoreアプライアンスを導入し、クラウドストレージサービスのように便利に使えるストレージシステムを社内で運用
  • IT部門が、開発プロジェクト立ち上げの都度、物理ストレージ装置を調達、設置する手間を省く
  • 開発者自身がAPIで操作することで、ディープラーニング等、大量データを使う開発準備工程を短縮
  • Hadoop MapReduceやSparkといったビッグデータ分析ツールと直接データを読み書き
  • 容量制限に煩わされないストレージシステムを運用
  • データ複製・分散配置による高信頼性と堅牢性

参考構成

ビッグデータ分析/機械学習/深層学習のソリューション 参考構成

導入の流れ

設計 構築 運用
機能要件/非機能要件を踏まえ、最適な構成を設計いたします。 設計内容を踏まえた、構築、単体試験、結合試験踏まえ、お客さまへの引渡し等を行います。 お客さまが運用されている場合の、ヘルプデスクとしてお客さまの問い合わせを受け付けます。