現在地

メール誤送信防止・暗号 CipherCraft/Mail

誤送信防止機能により誤送信による情報漏洩を防止します

CipherCraft®/Mailは、メール誤送信防止と暗号化を同時に実現します。個人のメールセキュリティの意識を高め、かつ、システムからもアプローチし、会社全体のセキュリティレベルを高めます。

メールによる情報漏洩の問題点

CipherCraft/Mailの各種機能により、メール誤送信による情報漏洩・悪意のあるメールによる情報漏洩を防止します。

脆弱性対策の問題点

CipherCraft/Mailの特長と機能について

1.ユーザに優しい

再チェックでうっかりミスを防止
誤送信防止画面を表示し、送信前にメールアドレス、添付ファイルなどを再チェックすることができます。これにより、うっかりミスによるメール誤送信を防止します。
各メールソフトでの送信操作後、下図の「誤送信防止」画面が表示されます。さらに、メール一時保留機能により、送信したメールを中止することが可能です。
添付ファイルを自動でパスワード化
「添付ファイル」を自動的にパスワード化するため、「添付ファイル」にパスワードをつける作業の手間を解消します。
「添付ファイル」だけでなく「添付ファイル+メール本文」をパスワード化することも可能です。

2.上長に優しい

部下のメールを上長が点検
送信メールに対し、上長などの特定アドレスを宛先(Cc,Bcc)に自動追加して送信します。これにより、上長などの第三者がメール内容をチェックすることが可能です。
また、上長が確認後にメールを送信することも可能です。

3.管理者に優しい

「サーバタイプ」と「クライアントタイプ」をご用意
ご利用中のPCにインストールする「クライアントタイプ」とCipherCraft/Mailサーバを設置する「サーバタイプ」をご用意しております。これにより、スモールスタートをする、グループウェアの環境に導入するなど、さまざまな導入方法を採ることが可能です。
また、ウィルスチェックやメールアーカイブ製品との併用が可能です。
メールログの見える化を実現
組織ごとでのメールの傾向やシステム導入の効果が分かり、PDCAサイクルを簡単に実施することが可能です。

メール誤送信防止、メール評価機能

送信メールの中身を再チェックすることにより、送信後にメールの間違いに気づいた場合でも送信をキャンセルできるため、より多くの誤送信が抑止できます。

誤送信防止機能は、送信前に送信確認ダイアログを表示し、再度、添付ファイルや宛先の確認を促します。さらに、これらの要素を総合的に判断し、送信しようとしているメールの安全性を3段階で評価し、その結果をアイコン/点数にて通知します。

メール誤送信防止、メール評価機能

暗号化機能

国産暗号「Camellia(カメリア)」または「zipパスワード」を利用して暗号化できます。

  • 暗号化対象:添付ファイルまたはメール全体(メール本文+添付ファイル)を暗号化して送付が可能。
  • 暗号化方式: 公開鍵暗号方式(Camellia)とパスワード暗号方式(zip/Camellia)から選択可能。

暗号化対象と暗号化方式を組み合わせて利用可能なため、お客様のメール利用形態に合わせて選択が可能です。
また、送信者や宛先ごとに複数の方式を使い分けることが可能な為、利便性を損なうことなくセキュリティレベルの向上が可能です。

暗号化機能

メール第三者への自動送信機能

特定の送信メールに対し、自動的に特定のアドレスを宛先(BccまたはCc)として加え送信します。これにより上長などの第三者がどのようなメールを外部に送信しているかメール内容を査読できます。
例えば、派遣社員のメールのみ対象として査読する等のご利用も可能です。

メール第三者への自動送信機能

メール一時保留機能

送信メールを定められた時間が経過するまで宛先への送信を一時保留します。一時保留されている間、送信者はメールの送信を中止することができます。また一時保留時間経過後は、自動的に送信が行なわれます。

メール一時保留機能

上長承認機能(オプション)

上長などの第三者が誤送信防止画面で確認を行う機能です。上長確認後に宛先へ送信されます。
また、スマートフォンでの承認対応が可能なため、上長が外出している際にも承認行為が行えます。

上長承認機能(オプション)

ログの見える化で対策ポリシー見直し

運用管理者は、CipherCraft/Mail 管理画面より、どの組織で添付ファイルの利用が多いのか、どのような頻度で送信キャンセルをしているのかなどの情報を統計的に把握できます。この情報をもとに、メール誤送信対策の効果の把握や、誤送信の危険の高い組織の把握などを行うことで、リスクの芽を早期に発見し、より効果的な誤送信防止対策を先回りして実施することができます。

ログの見える化で対策ポリシー見直し

利用管理の手間要らず

CipherCraft/Mailの利用者管理は、以下の2種類の方法により選択できます。

1.メールアドレス毎に対策ポリシーと紐づけて管理する方法
  • Active DirectoryやLDAPなどの既存ディレクトリとの連携も可能
  • CSV形式のインポートも可能
2.メールアドレスの条件設定(正規表現)により管理する方法
  • CipherCraft/Mailへの利用者登録・変更などの管理が不要
  • 条件設定に従って対策ポリシー振り分けが自動化

クライアントタイプでも対策ポリシー強制可能

メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」クライアントタイプは利用する設定ファイルを企業ごとに細かく設定することが可能で、対策ポリシーを個別に変更出来ないように管理者側で強制することができます。

以下のことを一括して設定することができます。

1.対策ポリシーの自動アップデート
2.メールサーバの自動設定
3.誤送信防止機能のON/OFF設定
  • キーワード検索用キーワードの設定
  • 添付ファイル確認設定
  • 宛先評価の「信頼するドメイン」、「送信履歴数」設定
  • メール危険度の総合評価ごとの各種送信ボタンのON/OFF設定
4.パスワード暗号生成に関する各種設定

※CipherCraftはNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名、サービス名等は、各社の商標です。