社員を本人確認する「認証」については、ディレクトリサービスでシステム化している企業が大半でしょう。しかし、資産管理やサービス利用などの管理簿が乱立してしまい、サービス利用許可である「認可」がディレクトリサービスと連動できておらず、情報の最新化や閲覧に時間がかかるなどの課題を抱えている企業が多くあります。
主な原因として、ディレクトリサービスは情報システム部門が、社員番号は人事部が、クラウドサービスは各部門で管理しているなど、情報が個別管理になったために連携が難しくなるケースが考えられます。

NDIL ID管理ソリューションの特長

Microsoftが提供するAzure Active Directory(Azure AD)は、ID as a Service(IDaaS)分野の最先端として評価されています。Azure ADを活用することで、クラウドサービスとのSingle Sign-Onによって認証・認可を集約することが可能です。
既存のExcelを使った管理簿は小規模で扱うには便利ですが、社内で管理簿が乱立する要因となります。管理簿が乱立すると、社内で運用ルールの統率を取ることが難しくなるほか、管理簿がメンテナンスされなくなると情報資産の喪失に気が付けないなどのリスクが高まります。
そこで本ソリューションはAzure ADを中心にMicrosoft Dynamics 365を組み合わせることで、以下特長を実現しました。

特長その1

Azure ADを使った認証・認可の一元管理により、各種クラウドサービスの認証・認可を集約。

特長その2

既存の管理簿をDynamics365に集約し、乱立する管理簿を集中管理。管理簿の管理者はWEB上で管理簿の更新が可能。ユーザーは各管理簿から自身の情報を抽出して閲覧することが可能。

特長その3

クラウドサービスの利用許可・変更をDynamics365で完結可能。

次のような課題を解決します

クラウドサービスで利用しているアカウント管理が社内ルールと統一されていない、部門単位で管理簿が存在して集約が困難になっているなどの課題を解決するために「NDIL ID管理ソリューション」を提供します。本ソリューションを活用いただくことで、既存の管理簿とディレクトリサービスが連携することでID管理を容易にし、業務効率化によってビジネススピードを飛躍的に向上することが可能です。

社内アカウントとクラウドサービスのアカウントが別管理になっている
社内に資産管理簿が乱立している
ディレクトリサービスの変更が情報システム部門の負担になっている

提供・導入の流れ

本ソリューションご興味をお持ちいただいた方は当社営業までご連絡ください。コンサルティングによって業務課題を明確にし、PoC(Proof of Concept)にて要求事項の実現性をご確認いただいたうえで、実システムの設計構築へと進みます。
当社では各種クラウドサービスのPoC支援やシステム構築、コンサルティング支援を多数担当しております。本ソリューションに限らず、クラウドサービスでのシステム開発やPoCでお困りごとがありましたら、ぜひお問い合わせください。コンサルティングのみ、PoCのみの支援依頼も対応可能です。