サステナビリティ

~常に新技術にチャレンジし続ける生き生きとしたプロフェッショナル集団として社会に貢献します~

NTTデータ先端技術は企業理念において「IT分野の最新テクノロジーを利用してお客さまに役立つベストプラクティスを提供します」、「常に新技術にチャレンジし続ける生き生きとしたプロフェッショナル集団として社会に貢献します」を掲げています。

IT技術は急速に進化しており、これらの最新技術が社会課題の解決に果たす役割は大きいと期待されています。常に新技術にチャレンジし続ける生き生きとしたプロフェッショナル集団として、問題を解決し、課題を達成できるソリューションを提供すること、そしてそれらを通じて新たな価値を創造することで社会に貢献していくことが当社の存在意義だと考えています。

加えて、NTTデータグループの一員として中期経営計画にある「ESG(環境・社会・ガバナンス)経営」を推進し、事業を通じて、企業活動を通じて、SDGsの目標により多く貢献して参ります。

取締役常務執行役員 赤羽美和子

赤羽常務

ESG経営によるSDGs達成への貢献

SDGs(持続可能な開発目標)に代表されるように、社会・環境課題へのグローバルな対応が企業に求められており、ESG(環境・社会・ガバナンス)の軸で、企業の社会との関わりを評価する動きが高まってきています。
NTTデータでは「情報技術で、新しい『しくみ』や『価値』を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する」を企業理念としており、NTTデータグループの一員である当社においても事業そのものを通じてお客様や社会の抱える課題をITの力で解決することに違いはありません。技術が飛躍的に発展し、デジタルトランスフォーメーションの流れが加速している中、私たちへの期待はますます高まってきていると感じています。
当社は高い技術力を通じてベストプラクティスを提供するプロフェッショナル集団として、お客様や社会が持続的に発展していくためのソリューションを提供するとともに人材育成や働き方変革、多様性の尊重等に配慮した企業活動を行うことによって、社会課題の解決に貢献するとともに、企業価値を持続的に向上させていきます。

ESG

SDGs

出典:株式会社NTTデータ 「SDGsへの取り組み・ESG経営」
URL:https://www.nttdata.com/jp/ja/sustainability/sdgs-management/

NTTデータグループのESG経営

NTTデータグループは、「情報技術で、新しい『しくみ』や『価値』を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する」という企業理念に基づき、SDGsを参照しながらESG経営を進め、特定したESG重要課題を中心に、お客様やステークホルダーの皆様と価値を共創していきます。

ESG03

出典:株式会社NTTデータ 「SDGsへの取り組み」
URL:https://www.nttdata.com/jp/ja/sustainability/sdgs-management/sdgs/

事業を通じた社会貢献

社会インフラを支える

当社はNTTデータグループの一員として、プラットフォーム(基盤)、ソフトウェア、セキュリティの3つの先進技術領域を活用したIT基盤の構築と安定運用を通して、さまざまな社会課題に対して取り組んでいきます。

事業ドメイン

環境への取組

環境マネジメントシステム(EMS)

EMS

当社は、株式会社日本環境認証機構(JACO)よりNTTデータグループの一員として環境マネジメントシステム(EMS)が有効に機能していると認められ、ISO14001:2015の認証を取得しています。

パリ協定に準拠した企業の温室効果ガス排出量削減目標(SBT)

BUSINESS AMBITION FOR 1.5℃ SBT

NTTデータグループとしての2030年に向けた温室効果ガス排出量削減目標を策定し、SBT(Science Based Targets)イニシアチブより認定を取得しています。

NTTデータグループの温室効果ガス排出量削減目標 Scope1およびScope2
2030年度までに2016年度比で60%削減(1.5℃目標)
Scope3
2030年度までに2016年度比で55%削減

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)

TCFD

TCFDとは、G20の要請を受け、金融安定理事会(FSB)により、気候関連の情報開示および金融機関の対応をどのように行うかを検討するため、マイケル・ブルームバーグ氏を委員長として設立されたタスクフォースであります。 今後NTTデータグループは、事業および企業活動において気候変動問題への対応をより一層進めることにより、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

社会への取組

寄付よる貢献

DeepTek社の画像診断AI技術を活用した社会貢献(チェンナイ市に対する結核診断サービスの無償提供)に対し、社会貢献活動の一環として当該取り組みへ協力するための寄付を実施しました。

寄贈による貢献

防災備蓄品(飲料水・食料品)を日本で最初に法人化したフードバンク団体のセカンドハーベスト・ジャパン様に寄贈いたしました。

健康経営優良法人2021

当社は、特定保健指導実施の機会提供等の取り組みが評価され、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」の認定を受けました。

当社はワークライフバランスのとれた健康で充実した生活を送ることが、活気にあふれ常にチャレンジを続ける企業風土の源泉であると考え、社員の健康管理・メンタルヘルス・安全衛生活動などの取り組みを積極的に進めています。 今後も健康経営への積極的な取り組みを継続・発展させることで、社員が生き生きと働き続けられる環境の実現を目指します。

健康経営優良法人2021

ダイバーシティ&インクルージョン

NTTデータグループでは、グループビジョンである「Trusted Global Innovator」の3本柱のひとつとして、“働く一人ひとりの多様性を尊重することにより創造力を高めていくこと”を掲げ、全世界共通の「ダイバーシティ&インクルージョン・ステートメント - “Bloom the Power of Diversity”」のもと、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。
当社は「女性活躍推進法」および「次世代育成支援対策推進法」に基づくFY2020からの一般事業主行動計画を策定しました。前期(FY2016~FY2019)は在宅勤務制度の希望者利用率100%を掲げ、これを達成しております。

地域貢献

新型コロナウイルスワクチンの職域接種では地域町会へお声がけをしたり、町会活動への参加、住吉神社大祭への協賛、小中学生向けIT体験教室開催、地域清掃などを通じて本社所在地である、月島地域へ貢献しています。

職域接種

新型コロナウイルスワクチンの職域接種

IT教室

子供IT教室の様子

地域清掃

社員による地域清掃活動

働きがい・働きやすさ

当社にとって魅力的な人材がこの会社で “働きたい”と思える環境を目指し、様々な取り組みを通じて「働きがい・働きやすさ」の向上に努めています。

  • 多様なキャリアを実現できる人事・能力開発制度の整備
  • ニューノーマル時代に沿う新型コロナ禍も踏まえた柔軟で新しい働き方を支える仕組み作り
  • 先進的なコミュニケーションインフラと効率的なバックオフィスの構築

人事制度の充実

最新技術のプロフェッショナル集団として技術力に特化した人材がその能力に応じた処遇を受けられるよう、マネジメント能力に加えて、専門的な技術力にもフォーカスした二軸の人事評価制度を導入しています。

テレワークの推進

当社は2019年よりテレワーク・デイズの実践団体として登録し、柔軟な働き方を実現するテレワークの推進に取り組んでいます。新型コロナ禍においてもいち早く全社的なテレワーク導入にかじを切り、緊急事態宣言下においては80%を超えるテレワーク率を達成しています。 また、テレワーク手当の創設、サテライトオフィスの整備、セキュアFATの導入など制度、設備面での充実も進めています。

就業環境の整備

様々な働き方の実現を支援するため、オフィス環境の見直しやテレワーク環境の充実に取り組んでいます。

  • オフィスのフリーアドレス化、コラボレーションスペースの整備
  • サテライトオフィス、シェアオフィスの整備
  • 全社員へのスマートフォン貸与、Web会議システム、クラウドストレージ、セキュアFATの導入
  • テレワーク手当創設、コアタイムなしのフレックスタイム制
さくらCafé

コラボレーションスペース

サテライトオフィス

サテライトオフィス

ガバナンス

コンプライアンス

NTTデータグループは企業倫理の根本原則となる「グローバル・コンプライアンス・ポリシー」を「Our Way」のひとつと位置付けており、その浸透と徹底を図っています。

調達・購買

当社における購買取引は、NTTデータグループ共通の調達方針・ガイドラインを遵守すると共に、当社事業形態に則した購買施策・取組を展開していきます。

調達方針

  1. 広く国内外のサプライヤの皆様に対し、公正に競争機会を提供するとともに、相互理解と信頼関係の構築に努めます。
  2. 品質・価格・納期・安定供給を総合的に判断し、ビジネスニーズに即した競争力ある製品・サービスを、経済合理性に基づき調達します。
  3. 法令や社会規範を遵守するとともに、社会への貢献のため環境・人権等に配慮した調達を実施します。

サプライチェーンCSR推進ガイドライン

人権や環境への配慮、製品やサービスの品質・安全性の確保など、社会の要請に配慮した調達について、NTTデータグループとして以下に定めています。

各種認定・認証

情報セキュリティに関する取り組み

ISMS

当社は、株式会社日本環境認証機構(JACO)よりISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の規格「ISO/IEC 27001:2013」「JIS Q 27001:2014」 の認証を取得しています。

個人情報保護に関する取り組み

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。

品質管理に関する取り組み

QMS

当社、基盤ソリューション事業本部 ファシリティ事業部は、品質マネジメントシステムに取り組み、一般財団法人日本規格協会(JSA)より、ISO9001:2015の認証を取得しています。

本件に関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

営業統括本部 営業企画推進部 企画担当
mail_pr-info