オールインワンAI/機械学習プラットフォーム「Dataiku」のSaaS版「Dataiku Cloud」の取り扱いを開始

お知らせ

ニュースレター - 2024.02.13

  
NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤原 遠、以下:NTTデータ先端技術)は2024年2月13日より、オールインワンAI/機械学習プラットフォーム「Dataiku」のSaaS版である「Dataiku Cloud」の取り扱いを開始しました。
これまでNTTデータ先端技術は、「Dataiku」のクラウドインストール版、オンプレミスインストール版を提供してきました。今回、新たなラインナップとしてSaaS版の「Dataiku Cloud」の取り扱いを開始し、お客様の初期構築期間をこれまでよりも大幅に短縮し、最新のデータを迅速に活用開始いただけるようになります。AI/機械学習のフルマネージド・AIプラットフォームサービスとして、お客様のAI活用、アナリティクスによる洞察を加速させます。今後は、「Dataiku Cloud」も含めた3つのプランから、お客様のビジネス状況に応じて最適なプランを提案していきます。
NTTデータ先端技術は、本サービスの提供により2026年までにDataiku関連ビジネスにおいて、累計200ユーザの獲得を目指します。

背景

昨今、市場変化のスピードが著しく早くなっていく中、データに基づき迅速かつ客観的に意思決定を行うことが重要となり、多くの企業でデータやAIを活用する取り組みが進んでいます。NTTデータ先端技術は、2021年11月にDataiku社と販売代理店契約締結し、以来、クラウドインストール版、オンプレミスインストール版の「Dataiku」のライセンス販売のみならず、同社が強みとするビッグデータとAIシステムの基盤技術力を組み合わせ、「Dataiku」とその周辺のデータ蓄積・分析基盤を含めたシステムをワンストップで提供することで、お客様のデータ活用、AI活用を支援してきました。しかし、お客様によっては、システム基盤の導入・運用コストや初期構築に掛かる期間などが障壁となり、導入を断念するケースもありました。今回、SaaS版の「Dataiku Cloud」をラインナップに追加したことにより、このようなお客様の課題にも応えられるようになります。
NTTデータ先端技術は、データ活用、AI活用の領域において、Dataikuを含めたシステムの提供から、データ活用のための伴走や人材育成、組織構築を行い、より多くの企業のデータ活用、AI活用を支援していきます。

Dataiku Cloudの概要

「Dataiku」は、40種類以上のデータソースへの接続からデータの準備、AIや機械学習モデルの構築に加え、分析アプリケーションの開発と運用までをひとつのソリューションとして統合させた、オールインワンのAI/機械学習プラットフォームです。
プログラムコードの知識がなくても使えるノーコード・ローコード開発にも対応しており、GUIで直感的な操作が可能です。これにより、データ分析に関して高い専門性を有するデータサイエンティストやデータエンジニアのみならず、一般的なビジネスユーザーでも、クリック操作だけでデータにアクセスして分析を進めることや、AIを業務に組み込み活用することが容易になります。また、構造化データだけでなく非構造化データも扱うことができるほか、データの変更履歴の追跡が可能なため、データガバナンスの面でも優れています。
「Dataiku Cloud」では、「Dataiku」の機能はそのままに、導入までのコストを抑え初期構築期間を短縮できるため、迅速なデータ活用の開始が可能となります。

Dataiku Cloudの特長

Dataiku Cloudの特長は、下記の通りです。

■最新のクラウドデータスタックに対応

Snowflake、Databricks、Amazon Redshift、Google BigQueryなどのビルトインのデータコネクタや事前に構築された統合のための機能を利用し、最新のクラウドプラットフォームのアジリティを活用できます。

■必要なものがすべて1つの場所に

お客様のデータを接続し、使いやすい視覚化されたデータ準備の機能や自動機械学習(AutoML)、ビジネスのための統合レポートや視覚化ダッシュボードなどが利用できます。

■管理とアップグレードはDataikuが対応

サーバーの管理、アップグレードなどはDataiku社がすべてに対応するため、ビジネスバリューを出すためのアナリティクスやAIにフォーカスすることができます。

■日本語GUIが利用できる最新Dataiku V12.5に対応

2024年1月31日(水)にリリースされた、最新Dataiku V12.5を利用可能です。
「Dataiku Cloud」をご利用いただくことで、本バージョンにて新たに提供が開始された日本語GUI(フロー・準備レシピ)もワンストップで利用できます。

今後について

NTTデータ先端技術は、お客様のビジネス状況に合わせて最適な製品提案を行うとともに、Dataikuとその周辺のデータ蓄積・分析基盤を含めたシステムをワンストップで提供することで、Dataiku関連ビジネスにおいて、2026年までにまでに累計200ユーザの獲得を目指します。

関連情報

オールインワンのAI・機械学習プラットフォーム「Dataiku」
https://www.intellilink.co.jp/dataiku/index.aspx

会社情報

■NTTデータ先端技術について

NTTデータグループにおける技術スペシャリスト集団として、6つの技術分野(プラットフォーム、ソフトウェア、クラウド、AI、運用マネジメント、セキュリティ)を中心に新しい価値を生み出し、お客様のビジネスへ貢献するべく事業を展開しています。

■Dataiku社について

DataikuはEveryday AIのためのプラットフォームであり、高度な分析から生成AIまで、データ専門家とビジネス専門家が日々の業務に共にデータを取り入れていくことを可能にします。彼らの協働により、あらゆる規模、あらゆる業界において、企業は新たなAIによる機能を設計、開発、展開できます。Dataikuを利用することで、その従業員は並外れた力を発揮し、将来に向けて組織の原動力となるAIを生成することができます。
Dataikuは2013年の創業以来、Everyday AIの創業ビジョンを発展させ、Dataiku自身を成長させ続けることで、その能力を実証してきました。600社以上の顧客と1,000人以上の従業員を抱えるDataikuは、急速な成長とForbes Global 2000顧客の維持率95%を誇っています。

参考

■セミナー情報

Dataiku Cloud(SaaS版)の詳細については、2024年3月22日に開催予定の主催セミナー「データ駆動型ビジネスの課題と解決法」にて、詳細をご紹介します。

タイトル Dataikuセミナー「データ駆動型ビジネスの課題と解決法」
開催日時 2024年3月22日(金) 16:00-16:45
会場 オンライン (WebEX)
参加費 無料 (要事前申込)
お申し込み方法 お申し込みはこちら (お申し込み期限:2024年3月21日(木)11:00)
セミナー詳細 詳細はこちら
  • *「INTELLILINK」は日本国内および米国におけるNTTデータ先端技術株式会社の登録商標です。
  • *その他の商品名、会社名、団体名は、一般に各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社
経営企画部
広報・KMO推進担当
永田、和田、千葉、池田
mail_pr-info

製品・サービスに関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社
ソフトウェアソリューション事業本部
営業推進部
営業担当
武富、菅沼
Tel:03-5843-6828
mail_dataiku