NTTデータ先端技術では、Microsoft社の各種製品や Microsoft 365 / Azure などのクラウドサービスを活用したシステム開発・構築を行っています。Microsoft社の製品は広く普及していることもあり多くの企業で取り扱われていますが、それぞれの違いや特色が分かりにくいという声も多く受けています。

そこで多くのお客様をご支援させて頂いたNTTデータ先端技術のMicrosoft領域における強みを具体的な数字でお伝え致します。

こんな課題をお持ちの方々におすすめです。

  • リモートワークを強化して「働きがいも経済成長も」を実現したい
  • システムをクラウドリフト/クラウドシフトしたいので相談に乗って欲しい
  • 技術継承にはナレッジマネジメントが有効と聞いたので是非導入を進めたい
  • Microsoftをの取り扱う企業って多いけど結局どこが良いの?

NTTデータ先端技術のMicrosoft対応領域

プロジェクトの流れ

Microsoft製品を用いたプラットフォームについて設計~開発および構築まで一貫した対応が可能です。
またコンサルティングやマネージドサービス「knowler」の提供など当社ならではの特色がございます。

プロジェクトの流れ

Modern Work - Microsoft 365

NTTデータ先端技術では Microsoft社が掲げている「Modern Work」という考え方に基づいたシステム導入サービスを提供しています。

「Modern Work」とは

一言でいうとリモートワークや多様な働き方の促進です。新型コロナウイルスの蔓延もあり多くの企業がリモートワークを取り入れ、自宅以外のシェアオフィスやワーケーションといった新たな働き方が増えつつあります。
多様な働き方の実施にあたっては、オフィスにいなくても仕事が可能+セキュアかつ透過的な環境が重要となり、NTTデータ先端技術ではそれを実現する Windows デバイス + Microsoft365 のシステム導入のご支援を承っております。

コミュニケーション

仕事、学校、家庭など様々な用途にて、Modern Workを実現します。チャット、通話、ビデオを使ってお互いの距離を縮めることが可能です。

デバイスマネジメント

Modern Workには、それぞれで活用するデバイスの用意が必要不可欠です。組織内のユーザーはデバイスマネジメントを使用することで自身の個人用デバイスを学校や職場用に使用することが可能になります。

セキュリティ

多様な働き方を実現するにあたって、重要になるのがセキュリティ。セキュリティを維持しながら従業員の生産性を向上させるために、お客様の働き方を支援します。

Microsoft 365

Cloud Infrastructure - Microsoft Azure

既存のオンプレミスで開発したシステムのクラウド化というニーズはトレンドとなり、近年お問い合わせが増えています。
そのニーズにお応えすべくNTTデータ先端技術では、Microsoft Azure 構築サービス を提供しています。

クラウド化のメリット

  • 場所やデバイスを選ばずフレキシブルに利用可能!
  • 自社でのサーバー管理や運用保守の負担を軽減!
  • サブスクリプションモデルによるコスト低減効果!

Microsoft Azureの強み

  • Microsoft 365 / Power Platform ご利用の方、Azure では強連携機能が提供されています!
  • Windows をお安く動かしたい方、Azure では Hybrid Benefit でお安くご利用可能です!
  • Windows サーバーの延命をお考えの方、拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)が無料提供されます!
Microsoft Azure

Azure 事例紹介

データドリブンなセールス組織へ!
NTTデータ先端技術が Azure Synapse Analytics を短期導入し営業部門の DX を推進 詳しくは以下URLから!
https://customers.microsoft.com/ja-jp/story/1416368040793000525-ntt-data-intellilink-corporation-ja-japan

IT LifeCycle Direction - Windows Server & Client

NTTデータ先端技術ではシステムのライフサイクルに沿った技術支援サービスを提供しています。
サポート終了に伴うバージョンアップや移行によるサポート延長(ESU:拡張セキュリティ更新プログラム)の対応も可能ですので、是非この機会に既存システムを見直しませんか?

システム移行のメリット

柔軟かつ拡張性のあるITインフラへ

短期間かつ迅速な開発・構築が求められるケースも多くなっているかと思います。単純移行に留まらずスピーディーに対応できるインフラ環境へのシフトを検討しましょう!

場所を問わないIT管理へ

リモート管理を行いたいけどセキュリティが…と言う課題をお持ちの方も多いと思います。先端サービスを取り込んでフレキシブル且つセキュアなIT管理を進めましょう!

無駄を見直しコスト削減

システムの中で使用頻度の低いものがおありかと思います。クラウド移行を強化してコストメリットの享受を図りましょう!

システムのライフサイクル

直近でサポート終了が予定される製品

①Windows Server 2012/2012R2 2022年サポート終了
②Windows 10 2025年サポート終了

強み① Microsoft MVP 受賞者 2名

NTTデータ先端技術では、Microsoftプロダクトに特化した精通したエンジニアが多数在籍しております。
その中でもットップエンジニアであるMicrosoft MVPアワードを連続受賞しているエンジニアも在籍しておりますので、Microsoftプロダクトでお困りのことがございましたら是非ご相談ください。

Microsoft MVPアワードとは

MVPアワードは、マイクロソフトの製品・技術に関する豊富な知識や経験を、コミュニティと共有する個人に対して、毎年マイクロソフト米国本社が表彰するプログラムです。
主に講演やブログへの投稿、オンラインコミュニティでのユーザー支援など、マイクロソフト製品に関連するさまざまな活動が評価されます。2020年7月現在、世界90か国以上で2,800名超、日本では約170名の方々が、MVPを受賞しています。

Microsoft MVPアワードを連続受賞!

MVPの受賞が18回目の小鮒は、主にMicrosoft Forumsにおいて、ユーザーからの多様な質問に返答し、積極的に技術コミュニティへ貢献しています。
受賞が4回目の鈴木はクロスプラットフォームのアプリ開発環境であるXamarinを中心に、マイクロソフトが主催するテック系イベントの「de:code」や、iOS 最大のイベント「iOSDC Japan」登壇などの活動を行っています。

小鮒 通成
ソフトウェアソリューション事業本部 ソフトウェア基盤事業部 MS基盤担当
小鮒 通成(18年連続受賞)
ソフトウェアソリューション事業本部 ソフトウェア基盤事業部 MS基盤担当
鈴木 友宏(4年連続受賞)

強み② 先進のナレッジマネジメント

NTTデータ先端技術ではMicrosoftプロダクトと組み合わせたナレッジマネジメントのご支援にも強みがございます。

組織内のナレッジマネジメントにおけるよくある課題

①組織・業務のサイロ化

組織やプロジェクト内ではある程度ナレッジ共有出来ているが、大企業の強みを生かした組織・業務を超えたナレッジマネジメントができていない

②企業風土が変化しない

縦割りのコミュニケーションにより企業風土が硬直化し最新トレンドとのアンマッチや機会損失が発生している

③環境整備が困難

形式化(汎化)・最新化の負荷が高いため網羅的な整備が難しく、ドキュメントだけでは共有すべき情報が不足する

上記のような課題を解決してくれるのがknowlerです。

knowlerとは?

今後はナレッジだけではなく、構造データ(人材、プロジェクト、製品等の情報)を横断的に探索することにより、既存の情報共有ツールではたどり着けない情報にたどりつくための仕組みが必要になります。
knowler は 「情報×人」、「人×人」の関係性をつなぎ合わせることを支援する製品となっており、「製品販売」「構築導入」「保守」「運用支援」のサービスをワンストップで提供中しております!

NTTデータ先端技術では、Microsoft領域のシステム設計・開発・サポートまで長年のノウハウを持っております。
リモートワークや多様な働き方について・システムのクラウド化などお困りごとがございましたら一度ご相談ください。