窓口業務の非接触ソリューション

窓口業務の非接触ソリューションとは、AIサービスを組み合わせた仮想コールセンターを提供するソリューションです。
新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、私たちの働き方は急激に変化しました。特に対面での業務を減らすために、電話応対の拡充などを検討されている企業も多いと考えます。電話応対を行うにはコールセンターが必要になりますが、コールセンターの設立には莫大な時間と設備投資費がかかっていました。本ソリューションはコールセンターをパブリッククラウド上に用意するほか、コールセンター業務の課題をAIで解消します。

非接触ソリューションの特長

クラウドプラットフォームの代表格であるAmazon Web Service(AWS)には175を超えるサービスが用意されております。窓口業務の非接触ソリューションではAWSの音声認識サービスと表現分析サービス、ビジネスインテリジェンスサービスを組み合わせることで仮想コールセンターを提供します。

本ソリューションは機械学習を利用して、コールセンター業務で課題となる会話内容の自動文字起こしなど、下記特長を実現しました。

1. 特長その1
問い合わせ者、コールセンターのオペレーターの会話内容の自動文字起こし。
2. 特長その2
キーフレーズを抽出し、問い合わせ傾向の分析支援が可能。
3. 特長その3
会話内容から感情分析を行い、満足度評価分析が可能。

次のような課題を解決します

会話内容の自動文字起こし機能があるので、オペレーターとお客さまの会話内容の見える化が可能です。キーワードによる問い合わせの傾向分析も可能なので、熟練オペレーターの回答を模範として新人教育に活用したり、問い合わせが増えている製品の担当オペレーターを増やしたりするなど対応が可能になります。また、感情分析の機能を持つため、お客さまの感情分析結果をオペレーターにフィードバックすることで、オペレーターへの育成の指標としてご利用いただけます。
本ソリューションでコールセンターでのカスタマーエクスペリエンスの最大化を支援いたします。



お客さまとオペレーターの会話内容を分析できていない

オペレーターの効率の良い教育が出来ていない

お客さまの需要変動に合致する対応が出来ていない

NTTデータ先端技術の強み

当社では各種パブリッククラウドのPoC(Proof of Concept)支援やシステム構築、コンサルティング支援を多数担当しております。特にAWSは各種認定資格保持者や認定講師が多数在籍しており、多数のシステムをAWSにて構築してきた実績があります。

提供・導入の流れ

本ソリューションご興味をお持ちいただいた方は当社営業までご連絡ください。コンサルティングによって業務課題を明確にし、PoCにて要求事項の実現性をご確認いただいたうえで、実システムの設計構築へと進みます。
本ソリューションに限らず、パブリッククラウドでのシステム開発やPoCでお困りごとがありましたら、ぜひお問い合わせください。コンサルティングのみ、PoCのみのご支援依頼も対応可能です。